日経イベント・プロ日経グループのイベント会社

MENU

お問い合わせ

NIKKEI Mixed Living

ニューノーマル時代の新たな
マッチングメディア
オープニング出展募集開始!

#多彩な暮らしの形を実現するMixed Living
#リアル×オンラインが融合した日経が提案する新しい展示会の形

About

暮らしのオンとオフは、よりボーダーレスに。
異なる要素を住空間にミックスする、ライフスタイルの変化に合わせた、
新しいリノベーションの形「ミクストリビング」。

Mixed Living

NIKKEI Mixed Living

コロナ禍によるステイホームを経て、私たちは、「家」が生活の基点であることを確認しました。
同時に仕事とプライベート、日常と非日常といった二項対立はボーダーレス化が進み、あらゆる行為が自宅を舞台に繰り広げられるようになっています。
住空間には新しい価値が求められ、多種多様なライフスタイルの変化に対応するこれからのリノベーション提案が欠かせません。

Kitchen & Outdoor© ZERO FIRST DESIGN

Kitchen & Outdoor

コロナ禍以降、おうち時間が格段に長くなり、自宅内に「外」を取り込む意識がより一層、強くなりました。
例えば、庭にウッドデッキを新設しキッチンとシームレスに一体化することで、木漏れ日の下での朝食や読書など、自宅に居ながらアウトドア気分に浸れる暮らしが始まっています。

New Favorite Place© ZERO FIRST DESIGN

New Favorite Place

ステイホームを余儀なくされたとき、私たちは住まいの中で一日中過ごせるお気に入りの場所を模索しました。そして今、注目されているのが寝室です。
ベッドは隠すものではなく、壁を取り払った開放的な空間の中で、インテリアと一体化したリゾートライクなスタイル。
寝室は、一日中のんびり過ごせる新たな生活拠点に生まれ変わります。

Utilize & Reborn

Utilize & Reborn

使われなくなった倉庫やオフィスビルは、壁や床の質感、形状や天井高さなど、普通の家では再現できない魅力が満載です。
インダストリアルな空間を居住空間として生まれ変わらせることで、まるで国内に居ながら海外の暮らしを再現するライフスタイルが、海外志向が高い若者から中高年に広がっています。

My Personal Office© Sangetsu Designed by SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd

My Personal Office

リモートワークは今後もますます拡充していきます。
朝9時にリビングで出社し、夕方に退勤。今求められているのは書斎ではなく、住まいの中の自分専用オフィスです。「こんなオフィスで働きたい。」「大きいデスクが欲しい!」などといつも思っていたはず。
会社では実現できなかったワークスペースを自宅に思い通りにつくることで、より快適に、テレワークが一層楽しくなる働き方が求められています。

Dreams Come True© ARC-X

Dreams Come True

海外の雑誌やドラマで見てきた憧れの住まいは、いつまでも憧れではありません。
モノが飽和する時代だからこそ、暮らしに普遍的な価値をもたらし、美しく、豊かにするアイテムを誰でも持つことができる時代になったことを、まだ多くの人が気づいていません。
非日常的空間の中に見出す、新たなリアリティを手に入れることで、暮らしに高揚感と満足をもたらします。

ニューノーマル時代の
新たなマッチングメディア
オープニング出展募集開始!

Concept

自由で多様な暮らしを求める一般ユーザーと、
イノベーティブな住空間を提案できる事業者とのマッチングの場を提供します。

リモートワーク、ワーケーション、二拠点居住…。新型コロナウイルス感染症拡大は、私たちの働き方や暮らし方に多種多様な変化をもたらしました。今や住まいは単に日々の生活を営むだけの空間でなく、自由で多彩なライフスタイルを実現するためのプラットフォームへと進化しています。一方で、新しい暮らしを実現するにはまだまだ不便や制約も多く、住空間をイノベーティブにデザインするリノベーション事業者の存在が欠かせません。

このような背景から、住空間に新たな価値を付与する事業者のためのコミュニケーションプラットフォームとして、日本経済新聞社と日経イベント・プロは「NIKKEI Mixed Living」を創設いたします。

「NIKKEI Mixed Living」は “未来志向のリノベーション” をテーマに、オンライン展示場を核として、リノベーションに関連する事業者様と暮らしへの感度の高い一般ユーザーとのマッチングの場を提供します。オンライン展示場では、B to C(顧客の発掘と獲得)、B to B(事業者間の連携や情報共有)双方の機会を誘発するとともに、暮らしやリノベーションに関する多彩な「気づき」を提供することで、単に製品やサービスの情報発信に留まらないライフスタイル提案と、コミュニケーションの場を創出します。

さらにメディアミックスの展開として、日本経済新聞読者に向けたフリーペーパーの発行による集客活動や、リアル展示会『日経メッセ「建築・建材展」』内でのパビリオン出展そして日経グループメディアなど、さまざまなチャネルを通じて通年単位でユーザーや他の事業者との接点をつくり、恒久的にビジネスチャンスを創出します。

ぜひともご検討いただき、ご出展を賜りますようお願い申し上げます。

日本経済新聞社、日経イベント・プロ

Participants in Correlation

Participants in Correlation

住設・建材メーカー

住設・建材メーカーや販売代理店にとっては、従来のターゲットとなる建築・設計・デザイン関係者へ向けた自社商品のアピールだけでなく、これまで直接訴求する機会が少なかった一般ユーザーへの認知度向上にもつながり、自社商品を選択していただける機会を創出します。

リノベーション事業者

リノベーション事業者にとっては、プランニングやコーディネート、施工事例など、自社のサービスや実績等を一般ユーザーにアピールする機会となるだけでなく、住設・建材メーカーが提示する多彩な商品やコーディネート情報を活かすことによって、最新かつ魅力的な提案へと発展させることが期待できます。

3 Main Channels

3 Main Channels

NIKKEI Mixed Living の主要メディアは「オンライン展示場」「リアル展示会」「マガジン」の3つ。通年開催する「オンライン展示場」を主要プラットフォームと位置付け、リノベーションに関するポータルサイトとして機能させていきます。
日経閲読者にフリーペーパー「NIKKEI Mixed Living Magazine」を定期送付することでオンライン展示場へのアクセスを促します。
その他、メールマガジンやブログ、Twitter などの SNS も活用して、頻繁かつ定期的なアクセスを喚起させます。
毎年3月に開催される「リアル展示会」は、来場者にダイレクトにアピールし、直接話のできる場として、見込客の取り込みやリノベーションのクロージング、既存顧客のフォロー、業界内でのビジネスマッチングなど、B to B、B to C さまざまな用途でのビジネス展開が可能です。

Advantages

競争激化するリノベーション市場において、
貴社の取り組みと独自性をアピールできる恰好の場となります。

Advantages※画像はイメージです

厳選されたリノベーション事業者や住宅設備・建材メーカーで構成される「NIKKEI Mixed Living」は、リノベーションの検討者や新しい暮らしに意欲的な住まい手にとってのリノベーション・ポータルとして、高品位な暮らしを提案する出展者とのマッチングの場となります。リノベーションという言葉が一般化し競争が激しさを増す中、リノベーションビジネスの一手段としてお役立てください

Merit01

「集客力」

日経グループメディアを通じての広範な集客チャネル

日本経済新聞社と日経イベント・プロが主催する「NIKKEI Mixed Living」は、日経グループのメディアを通じて、来場者の確保と頻繁なアクセス、ファン化を図っていきます。日本経済新聞を中心に、メールマガジン、展示会などのメディアを活用し、広範な集客チャネルで見込み客の発掘に努めます。

Merit02

「購買力」

高所得で消費活動の旺盛なユーザーからのアクセス

「NIKKEI Mixed Living」の主たるアクセスユーザーは、日経閲読者。その多くが高所得層であり、消費財から耐久財、不動産まで、高い購買力を備えています。暮らしの質を向上させたいとする意識も高く、リノベーションの営業において最良の顧客となり得ます。

Merit03

「発信力」

暮らしやリノベーションに関する情報発信によるユーザー啓発

「NIKKEI Mixed Living」は、オンライン展示場やフリーペーパー、SNS などさまざまなメディアを活用し、エンドユーザーに向けて暮らしやリノベーションに関する最新情報やお役立ち記事を多数提供していきます。良質の記事の継続的な発信を通じてリノベーションへの関心や意欲を高め、出展される皆様に良質の顧客とのマッチングを図っていきます。

Target

高所得で消費意欲の旺盛な「日経閲読者」が
メインターゲットになります。

「NIKKEI Mixed Living」の主たるアクセスユーザーは、日経 閲読者。
その多くが、消費財から耐久財、不動産にいたるまで高い購買力を備えています。
暮らしの質を向上させる手段としてのリノベーションに対する興味や意欲も旺盛で、まさにリノベーションの優良顧客層といえます。ビジネスの中核を担う経営・管理職も多く、自宅のリノベーションのみならず、ビジネス面におけるリノベーション営業も期待できます。

  • 世帯年収1,000万円以上が3割強
  • 日経をよく女性管理職の世帯年数は非閲読者を45%上回る

※2021年日経メディアデータより抜粋

Q. 暮らしや人生の充実のために、お住まいで実施したいと思うことをお聞かせください。

日経閲読者は非閲読者と比較して、
  • 部分的なリフォーム(模様替え等)を希望する割合10%UP
  • 本格的なリノベーションを希望する割合40%UP

Q. リノベーション時の費用・リノベーションを予定している予算をお聞かせください。

  • 費用2,000万円以上のリノベーション実績

    費用2,000万円以上のリノベーション実績
  • 予算2,000万円以上のリノベーション予定

    予算2,000万円以上のリノベーション予定

リノベーション時の費用・リノベーションを予定している予算をお聞かせください。

Q. 将来のリノベーションを検討する際に、業者にいちばん期待することは何ですか?

※日経リサーチ「クイックサーベイ」リノベーションアンケート結果より抜粋(2022年1月実施)

ニューノーマル時代の
新たなマッチングメディア
オープニング出展募集開始!

Outline

名称
「NIKKEI Mixed Living」(日経ミクストリビング)※日経メッセ「建築・建材展」特別企画
オープン
2022年7月1日(金)
主要プラットフォーム
① オンライン展示場(2022年7月からの通年開催)
②「日経メッセ」内「建築・建材展」でのパビリオン出展(毎年3月に4日間開催)
③ エンドユーザー向け フリーペーパー「NIKKEI Mixed Living Magazine」(年4回発行予定)
主催
日本経済新聞社、日経イベント・プロ
協賛
リノベーション・リフォーム関連団体に申請予定
主たる出展対象者
①リノベーション提供事業者(リノベーション事業者、工務店、リフォーム店、建築設計事務所、コーディネーター等)
②リノベーション関連商品提供事業者(住設・建材メーカー・卸・代理店等)
※その他、住宅建設やリノベーション、インテリア、コーディネート、付帯事業等に関わる事業者・団体等
主たる来場ターゲット
①リフォーム・リノベーション検討者、住宅購入検討者
②暮らしの質の向上に関心の高い消費者全般
※日経新聞購読者を中心とした集客を図ります。
お問い合わせ先
日経ミクストリビング事務局(日経イベント・プロ内)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目25番 日経ミクストリビング担当
TEL:03-6812-8752 FAX:03-6812-8755 E-mail:info_nml@nex.nikkei.co.jp

出展料金

申込プラン 出展料金 内容
リノベーション事業者プラン 年間660,000円(税込み) ・オンライン展ブース(年間)
・リアル展パビリオン内セミナー(1枠)
・マガジン紹介枠(年1回)
住設・建材メーカープラン 年間1,056,000円(税込み) ・オンライン展ブース(年間)
・リアル展パビリオンブース(2.4m×2.4m)
・マガジン紹介枠(年1回)
オープニング特典オープン(7月)から2ヶ月間の出展料を無料!
※2022年9月から1年間の出展を申し込む場合

※初回出展時のみ、別途出展基本料110,000円(税込み)が掛かります。

スケジュール

スケジュール

キャンセルについて

出展者の事情により、出展のすべてまたは一部の取り消し・解約をする場合は、出展者は主催者が認める方法で主催者に届け出たうえ、請求金額の全額を主催者に支払わなければなりません。
期日:出展申込受理通知の送付日以降 金額:請求金額の全額

ニューノーマル時代の
新たなマッチングメディア
オープニング出展募集開始!